ニート就職おすすめ支援サイト
ニート就職おすすめ支援サイト > 30代ニート > 30代ニートの就職支援サービス

30代ニート 就職支援

ニート就職支援

30代でニート生活
「就職したいけれど、30代で職歴なし。もう就職できないかもしれない・・・」
「将来が不安。ニートから社会復帰したいけれど、就職活動のやり方が分からない・・・」
ニートになったきっかけ、ニート期間の長さも人それぞれだと思います。
就職することを考えた場合、30代は厳しいですがまだ可能性のある年齢です。
仕事を選ぶというのは難しいかもしれませんが、正社員就職できる可能性がある30代のうちに仕事に就くことをおすすめします。

この記事では、30代ニートが利用できる就職支援サービスをご紹介しています。

30代ニートの就職支援

厳しい30代ニートの就活

30代ニートの就職は厳しいです。

就職の難易度は、ニート期間の長さにもよります。

これまで正社員として働いてきたけれど、何らかのきっかけで退職して30代でニートになっている方は、ニート期間が半年、1年といった期間であればキャリアを活かして転職を目指すことも可能です。

ニート期間が長く、正社員として就職した経験のない方。
職歴なし30代ニートの方は就職はやはり厳しいです・・・

とはいえ、職歴なし30代ニートの方もまだ就職するチャンスを得ることは可能です。

以前よりも30代ニートの方が利用できる就職支援サービスが増えています。

ニート期間が数年以上と長くなっている方が一人で就職活動をしても撃沈する可能性が高いですから、こうしたニート向け就職支援サービスを活用しての就職活動がおすすめです。

まだ未経験者歓迎の正社員求人が見つかる30代を逃し、40代になってしまうと本格的に就職が厳しくなってきます。

ニートの将来、末路を迎えないためにも30代の今、就職活動を頑張って社会復帰されることをおすすめします。

30代ニートが使える就職支援サービス

社会人未経験、職歴なしニートが利用できる就職支援サービスは複数ありますけれど、30代ニートも利用できる就職支援サービスとなると限られてきます。

例えば、以下の就職支援サービスは30代でも利用可能です。

30代ニートおすすめ就職支援サービス

ジェイック

DYM就職

かつやくカレッジ

キャリアスタート

30代ニート向け就職支援の特徴

ジェイックは就職カレッジが34歳までのニートの方が利用できます。
利用可能なエリアは非常に広く、30代ニートの方にもおすすめの就職支援サービスです。

内定率、定着率も高い特徴があります。

東京都なら「30代カレッジ」があり、39歳までのニートの方が利用して正社員就職を目指すことができます。

DYM就職は35歳までの方が利用可能です。
首都圏、大阪だけではなく札幌、広島、福岡などにも拠点があります。

かつやくカレッジは35歳まで、高卒以上の方が利用できます。
ただし、東京・神奈川・埼玉・千葉と一都三県の方が利用可能と、エリアは狭いといえます。

キャリアスタートは35歳までのニートの方が利用できます。

こうしてみると、以前よりも30代職歴なしニートの方も利用できる就職支援サービスはかなり増えました。

ぜひ、こうしたニート向け就職支援が利用できる30代の間に正社員就職を目指してみてください。

年齢がある理由を考えると、就職支援サービスが利用できる年齢の間に頑張らなければ、と思える方は多いはずです。

ニート就職は35歳が一つの区切り

ニート期間が長いと就職できない

どの就職支援サービスにも、利用可能な年齢制限があります。

ニート向け就職支援サービスを利用できる年齢の区切りは35歳といえます。

以前は20代限定の就職支援サービスが非常に多かったです。

なぜ30歳を越えると利用できないの?といくつかの就職エージェントに聞いたことがありますが、理由は単純明快です。

「30歳を越えると、紹介できる求人が減るから」

といったことです。

それは35歳以上になると利用できない就職支援サービスが増えることにも当てはまります。

「35歳を越えると、紹介できる求人が減るから」

年齢の限界を考えつつ、就職活動に本気で取り組むことが大切な年齢といえるでしょう。

ニートから正社員になれる年齢の限界

ニートから正社員就職を目指せる年齢の限界としては、35歳がといって良いと思います。

ニート期間の長さにもよりますが、求人サイトを利用して一人で就職活動をして内定獲得できるニートの方は少ないでしょう。

書類選考が通らない・・・

と就職活動に挫折する可能性が高いです。

正社員として就職を目指すには、サポートが利用できニート向け求人も取り扱っている就職支援サービスを利用する方法がおすすめです。

ニートから正社員として就職に成功した方の体験談なども公式サイトには掲載されています。

そうした実績も参考にされることをおすすめします。

ニート就職に関して実績が多いのは、

ジェイック

です。

就職支援講座があり、ニート歴が長い方も就職するための準備がしっかりできます。

書類選考なしで面接、というのもニートの方にはメリットが大きいといえるでしょう。

利用可能なエリアが多いことも、おすすめのポイントです。

ジェイック

ジェイックの利用可能なエリアはこちら

30代ニート、そのままでは就職は無理?

ニートのまま30代になってしまった。どうすれば正社員になれる?

将来を考えると、この先もニートのまま生活するのは限界があります。

食うに困らないだけの財産、お金を相続できるという予定がある方もめったにいないのではないでしょうか。

ニートの末路を迎えないためにも、就職が目指せる年齢の間に正社員になることをおすすめします。

とはいっても、30代ニートが自力で就職活動をしても結果は厳しいものとなるでしょう。

求人サイトを利用して応募する就活の仕方は、ある意味、運に頼るところも大きくなってしまいます。

自分ではしっかりと履歴書を書いたつもりでも、本当に書類選考が通りません・・・

30代ニートは就職支援サービスを利用して求人の紹介を受ける

結論として、30代ニートの方は正社員になるためには必ず就職支援サービスを利用することをおすすめします。

就職支援サービスを利用することで、選任の担当者がサポートについてくれます。

そして何より、未経験者歓迎の正社員求人を紹介してもらえるメリットは大きいです。

決して簡単に内定がもらえるとは言いませんし、志望動機をしっかり作り面接対策をするなど、準備はしなければなりませんが自力で就職を目指すよりも高い内定率で就職活動を進めることができるでしょう。

やり方も分からず、自分の就職活動の仕方が正しいのかもよくわからない状況で求人も応募しても、内定を貰うのは厳しいでしょう。

採用担当者にアピールできる履歴書の書き方など、ノウハウを持っている就職支援サービスを利用しサポートを受けることをおすすめします。

30代職歴なしニート、おすすめの仕事

30代職歴なしニートの人が就職を目指しやすい、おすすめの仕事はいくつかあります。

空白期間が長い人の就職活動を成功させるポイントの一つとして、

求人を選びすぎない

ということがあります。

まずは正社員としてキャリアスタートすることも大切です。

見つかる求人の中で、自分に向いている仕事、長く続けられそうな仕事を探す、といったことで考えてみてください。

極度に人見知りな人が営業職として働くのは辛いかもしれません。
そういった意味では仕事は選ぶ必要はあるでしょう。

やっと内定を貰って働き始めても、早期退職してしまっては元も子もありません。

そのためには自己分析を行い、自分の適性、長く続けられそうな仕事を選ぶ必要はあるでしょう。

思い切って求人に応募すること、一歩踏み出してみることもニートからの就職では大切です。

例えば、30代で職歴なしでもおすすめの仕事には、以下のような職種があります。

営業職

30代、職歴なしからでも応募しやすく、未経験者歓迎の正社員求人が多いのは営業職です。

営業職の求人は常に安定して多く、未経験者歓迎の求人が多いことが特徴です。

企業によってさまざまな働き方となります。

新規開拓でノルマがキツイ会社ばかりではありません。

既存顧客のフォローがメインの仕事もありますし、クロージングだけを担当する働き方もあります。

法人向け商材、個人向け商材といった違いもあります。

営業職は常に需要がありますから、将来的に転職や再就職先探しが必要になった時も役立つ可能性が高いです。

職歴なしから就職して、営業職は年収が高めでもありますので生活設計もしやすくなるのではないでしょうか。

営業職の求人はどのエージェントでも取り扱いが多いため、就職支援サービスを利用した際も紹介される確率は高いといえます。

ITエンジニア

スキルを身に着けるなどは必要になりますが、人手不足のITエンジニアも就職を目指せる職種です。

本気で就職を目指すのであれば、プログラミングスキルを身に着けてからの就活をおすすめします。

プログラミングスクール、エンジニアスクールもありますが30代で就職サポートありで探すなら有料のプログラミングスクールを選ばれると良いです。

無料の場合には、年齢制限があるところが大半です。
20代限定が多いので、利用は難しいでしょう。

就職は東京都が中心となりますので、そうした点も考慮してプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

介護職

30代職歴なしから正社員になる場合、人手不足の業界を狙うのはおすすめの方法です。

人手不足だからこそ、未経験者歓迎で求人が多いという背景があります。

慢性的に人手不足といわれる業界が、介護業界です。

30代でも若手、といわれることも就職を目指しやすいポイントとなります。

介護職というと給料が安いというイメージもあるかもしれませんが、徐々に待遇改善は進んでいます。

施設によって給料には差がありますので、事前に情報収集されると良いと思います。

将来的に、実務経験を重ね資格を取得することでキャリアアップも目指すことができます。

介護福祉士、ケアマネージャーなどがあります。

また働くにあたっては人間関係も大きいですから、応募前にしっかり情報収集を
おすすめします。

一生できる仕事、とやりがいをもって働く方も多い業界です。

30代ニート、正社員就職するために就職支援サービスの利用がおすすめ

職歴なし、30代ニートの方が正社員として就職する方法として、就職支援サービスの活用がおすすめということでご紹介しました。

「30代になってしまった・・・」

と就職を諦める必要はありません。

34歳、35歳といった年齢であれば、ご紹介した就職支援サービスでも利用できるものが多いです。

また東京都ならジェイックの「30代カレッジ」は39歳まで利用ができます。

ジェイック

就職を目指すばあい、本気になって頑張ることが大切です。

どこかで諦めの気持ちがあったりすると、就職活動がうまくいかなくなってしまうでしょう。

また就職支援サービスを利用する場合、選任のアドバイザーがついてサポートをしてくれます。

アドバイスを素直に聞いて行動することも大切です。
(無理やりすすめてくる求人に応募する必要はありませんけれど)

30代はニートから正社員として就職できる年齢の限界と考えることもできます。

40代をニートで迎えると、本当に就職は難しいです。

⇒ ニート就職サイト

ぜひ活用して1歳でも若いうちに正社員として就職されることを目指してみてください。

ニート就職 お役立ちコンテンツ

ニートが就職を決めるには様々な事がポイントになります。この就職ポイントをしっかり押さえながら就活を行なえば就職成功の確率もアップするので就職ポイントを押さえたうえで就活をスタートさせましょう。ここではニートに押さえてもらいたい就職ポイントをご紹介しています。
現在、様々な就職サイトが誕生していて、就職支援サイトを利用して就職を決めている人は多くいます。ニートの方でも就職支援サイトを利用することで有利に就職を決める事ができるので是非、就職支援サイトを利用して有利に就職を決めてほしいと思います。ここでは、ニート就職におすすめの就職支援サイトをピックアップしてご紹介したいと思います。
ニート生活が長くなればなるほど就職する事は難しくなります。そのためニートから脱出するのは早ければ早い方がいいです。1日でも早くニートから脱出して社会人になるためにも気持ちのスイッチを切り替えて就職する事が大切。ここではニートから脱出したいと望んでいる方へ、ニートからの脱出方法をご紹介しています。
既卒ニートから就職を目指している方へ。今では既卒者を歓迎している正社員求人も増えているので有利に就職を決める事ができます。また、ニートの就職を支援している就職支援サイトもあるので就職できやすい環境は整っていると言えるでしょう。積極的に就活を行なって有利に就職を決めてほしいと思います。
現在、ニートから就職を目指している方の中には社会人経験がないという方もいると思います。社会人経験がないニートからでも就職する事は可能なのでしょうか?ここでは社会人経験なしから正社員就職を目指しているニートさんへ、就職のポイントやおすすめの就職支援サイトをご紹介しています。