ニート就職おすすめ支援サイト
ニート就職おすすめ支援サイト > ニート就職 悩み・不安 > なぜニートだったのか・・・面接で正直に答えるべき?

なぜニートだったのか・・・面接で正直に答えるべき?

ニートから就職を目指す時、面接で必ず「なぜニートだったのか?」という質問が面接官からされます。ニートになった理由を正直に話してしまうとマイナス評価になるのではないか?という不安がどうしても頭をよぎってしまいます。「なぜニートだったのか?」この質問に対して適切な答えはいったいどんな答えになるのでしょうか。

ニートになった理由は正直に答えていいの?

「なぜニートだったのか?」この質問に対しての適切な答えはなに?

ニートから就職を目指す時、面接で必ず「なぜニートだったのか?」という質問が面接官からされます。

この時、なんて答えればいいの?正直に話すべき?ウソをついてもいい?と悩んでいるニートさんも少なくはないと思います。

ニートでいた人の中には「就職をするために勉強していた」「資格を取得するために勉強していた」「短期留学をしていた」など、真っ当な理由がある人もいるかもしれませんが、理由がなにもなくニートになってしまった人もいる事でしょう。

真っ当な理由がある場合は胸を張って面接官の質問に答える事ができますが、後者の場合はそうはいきません。

ニートになった理由を正直に話してしまうとマイナス評価になるのではないか?という不安がどうしても頭をよぎってしまいます。

「なぜニートだったのか?」この質問に対して適切な答えはいったいどんな答えになるのでしょうか。

ポジティブな答えに変換する事が必要!

ニートになってしまった理由。後ろめたい理由の場合は正直にそのまま伝える事はおすすめできません。

やりたい事がなかった、働く気がなかった、楽して生活したかった、このような理由では間違いなく、面接官に悪い印象を与えてしまいます。

後ろめたい事が理由の場合はそのまま答えるとネガティブになってしまうのでポジティブな答えに変換する事が必要です。

例えば、やりたい事がなかったという理由の場合は『やりたい事を見つけるために慎重に就活をしていた。』というような理由に言い換えればネガティブには聞こえません。

それに加え、「自分のやりたい事を見つける事ができ、御社で様々なスキルを身に付けたいと思いました。」と付け加えればネガティブな理由がポジティブな理由になり、面接官にも悪い印象を与えないで済みます。

他にも働く気がなかったという理由の場合は、『夢を追いかけていた、趣味に没頭していた、今まで夢や趣味に注いできた全力な想いを今度は仕事に使いたい』というような言い方に変えれば仕事への意欲が高い、熱意がある人、ひとつの事に集中できる人、という印象を面接官に与える事ができます。

「短期を裏返せば長所になる」という言葉がありますが、ネガティブな理由も言い方を変えればポジティブな理由に変える事ができます。

ニートでいた理由を考える時、少し頭を捻って面接官に悪い印象を与えない理由を考えましょう。

決して、嘘をつくのはやめましょう!

面接官は人選のプロです。これまでに何人もの人を人選してきた経験があるので嘘をつくとすぐに見破られます。なにかひとつでも嘘をついてしまうと嘘を積み重ねてしまわなければいけない状況にも陥ってしまいます。

嘘をついた事が面接官にばれてしまうともちろん、大きなマイナス評価になってしまい、その時点で不採用になってしまう恐れがあります。

せっかく面接まで進む事ができたのに、嘘をついて不採用になるなんて実にもったいないです。

嘘をついて不採用になるくらいなら正直に話した方が面接官には良い印象を与えられる事もあります。素直さを評価してくれる面接官もいるのでニートでいた理由を聞かれても絶対に嘘はつかないようにしましょう。

事前に必ず答えを用意しておく!

面接が決まったら必ず事前対策を行なってニートでいた理由を考えましょう。

上記でご紹介したようにネガティブな理由でニートになってしまった人は必ずポジティブな答えを用意して面接に挑みましょう。

また、どんな質問がきてもすぐに答えられるよう様々なシチュエーションを想定して答えを用意しておきましょう。

今ではネットで面接対策に関する情報を簡単に収集できますし、書籍で面接対策を行うこともできます。

面接対策を怠ってしまうと面接をクリアできる可能性は極めて低くなります。面接対策をするか、しないか、で就職成功率は大きく変わってくるのでしっかりと面接対策を行なって万全な状態で面接に挑みましょう。

就職支援サービスを味方に付けて面接対策を行う事がおすすめ!

就職アドバイザーが面接対策してくれるから万全な状態で面接に挑める!

現在、ニートの就職サポートにも対応している就職支援サービスが多く誕生しています。

就職支援サービスに登録することで専任の就職アドバイザーが付き、あなたの就職をしっかりバックアップしてくれるんですね。

就職アドバイザーから受けられるサポートの中には面接対策も含まれているので万全な状態で面接に挑む事ができます。

就職支援サイトにはこれまでの就職支援の実績で積み上げてきた様々な就職成功ノウハウがあります。面接に関するノウハウもあり、こうしたノウハウを収集しながら面接対策を行なえば、万全な状態で面接に挑む事ができますよ。

当サイトでご紹介している就職支援サービスは以下の就職支援サービス。

いずれも確かな就職支援実績があり、ニートの就職サポートにも対応しています。お仕事探しから就職が決まるまでしっかり就活をサポートしてくれるのでニートからの就職でも有利に就職を決める事ができますよ。

もちろん、面接対策もしっかり行う事ができるので現在、ニートから就職を目指している方には是非、これらの就職支援サービスを利用して有利に就職を決めてほしいと思います。

ニートになった理由も修飾アドバイザーが一緒に考えてくれます。就職アドバイザーは就職サポートのプロですプロの視点で様々なアドバイスや指摘をくれるのでニート就職の頼もしい存在になってくれます。

自分一人で無理して就活を行うよりも就職アドバイザーを味方に付けて就職を行なった方が断然、有利に就活を進めていく事ができるので就職支援サービスの就職アドバイザーを味方に付けて就活を行う事を強くおすすめしたいと思います。

面接までくれば就職成功は目前!

だからこそ面接対策は慎重に!

面接は就職の最後の難関です。面接をクリアできれば就職する事ができます。

だからこそ、面接対策は慎重に行いましょう。

上記でご紹介してきたようにしっかりと準備を整えて面接に挑めば、面接をクリアできる可能性は高くなります。

ニートからの就職はそう簡単に決められるものではありません。ニートに対してはじめから悪い印象を持っている面接官も多くいます。

面接で好印象を与える事が重要になるんですね。身だしなみ、話し方、言葉遣い、立ち振る舞い方、すべてを面接官が見ています。すべてを完璧にこなせとは言いませんが、面接対策をしっかり行う事でこれらの事はクリアできると思います。

それに万全な状態で面接に挑めば自分に自信を持つこともできます。受け答え、発言も自信を持って行なう事ができることでしょう。雰囲気や表情にも変化が出てきて、面接官にも好印象を与えられる可能性は高くなります。

仕事探しから書類選考、そして面接。これまで頑張ってきた事が水の泡になってしまわないように万全な状態で面接に挑み、面接をクリアして就職を決めましょう。

ニート就職 お役立ちコンテンツ

ニートが就職を決めるには様々な事がポイントになります。この就職ポイントをしっかり押さえながら就活を行なえば就職成功の確率もアップするので就職ポイントを押さえたうえで就活をスタートさせましょう。ここではニートに押さえてもらいたい就職ポイントをご紹介しています。
現在、様々な就職サイトが誕生していて、就職支援サイトを利用して就職を決めている人は多くいます。ニートの方でも就職支援サイトを利用することで有利に就職を決める事ができるので是非、就職支援サイトを利用して有利に就職を決めてほしいと思います。ここでは、ニート就職におすすめの就職支援サイトをピックアップしてご紹介したいと思います。
ニート生活が長くなればなるほど就職する事は難しくなります。そのためニートから脱出するのは早ければ早い方がいいです。1日でも早くニートから脱出して社会人になるためにも気持ちのスイッチを切り替えて就職する事が大切。ここではニートから脱出したいと望んでいる方へ、ニートからの脱出方法をご紹介しています。
既卒ニートから就職を目指している方へ。今では既卒者を歓迎している正社員求人も増えているので有利に就職を決める事ができます。また、ニートの就職を支援している就職支援サイトもあるので就職できやすい環境は整っていると言えるでしょう。積極的に就活を行なって有利に就職を決めてほしいと思います。
現在、ニートから就職を目指している方の中には社会人経験がないという方もいると思います。社会人経験がないニートからでも就職する事は可能なのでしょうか?ここでは社会人経験なしから正社員就職を目指しているニートさんへ、就職のポイントやおすすめの就職支援サイトをご紹介しています。