ニート就職おすすめ支援サイト
ニート就職おすすめ支援サイト > ニートの就職ポイント > 職歴に空白時間(ブランク)があるニートの就職ポイント

職歴に空白時間(ブランク)があるニートの就職ポイント

退職後、なにも仕事もせずに生活をしていた。ある程度の貯金があったから仕事をせずに遊んでいた。あるいは病気やケガで仕事ができる状況ではなかったという理由でニートになった人もいる事でしょう。ニートですから当然、職歴に空白時間ができてしましいます。この空白時間がある時、事前に「なぜ空白時間があったのか?」に対する答えを用意しておかなければ再度、就職をする事は難しくなる可能性があります。

職歴の空白時間。カバーするにはどうすればいい?

選考時に企業側から高い確率で空白時間の事を突っ込まれます!

ニートから就職を目指している方の中には社会人経験はあるけど、職歴に空白時間があるという状況の人も少なくはないと思います。

退職後、なにも仕事もせずに生活をしていた。ある程度の貯金があったから仕事をせずに遊んでいた。あるいは病気やケガで仕事ができる状況ではなかったという人もいる事でしょう。

この職歴の空白時間。就職をしようと思った時、事前に「なぜブランクがあったのか?」に対する答えを用意しておかなければ再度、就職をする事は難しくなる可能性があります。

なぜなら、選考時に企業側から高い確率で空白時間の事を突っ込まれるからです。

この時の答えによって採用か不採用か大きく分かれ、企業に対してマイナスのイメージを持たれてしまう答えだった場合はその場で不採用になってしまうケースもあるんですね。

遊んでいた、なにもする気になれなかった、というような答えは望ましくありませんので、職歴に空白時間(ブランク)がある人は必ず、事前に答えを用意しておきましょう。

ニートでいたことは正直に答えるべき?

なぜニートだったのか・・・面接で正直に答えるべき?でもご紹介していますが、ニートでいたことはあなたの職歴をみればすぐにわかります。

空白時間があれば企業から必ずといっていいほど「この空いた期間はなにをしていたの?」と聞かれる事でしょう。

ですので、変に嘘をついたりしないでニートでいた事は素直に認めましょう。

ただ重要になる事はどのような理由を用意するかです。

先ほども述べましたが、企業に対してマイナスのイメージを持たれてしまう答えだった場合はその場で不採用になってしまうケースがあります。

遊んでいた、なにもする気がしなかった、というようなネガティブな理由は間違いなく企業にマイナスの印象を持たれてしまうのでポジティブな答え、理由を用意しておきましょう。

例えば、「就職に備えてバイトでスキルと経験を身に付けていました」「就活はしていましたけど自分が働きたいと思う企業が見つかるまでに時間がかかりました」「自分の視野を広げるために海外に行っていました」など。

このような答えだと企業にマイナスのイメージは持たれにくいです。

そして、この理由に加えて、もう一言。なにかプラスになる事を付け加えれば企業側も納得してくれる事でしょう。

【バイトでスキルを身に付けていたという理由の場合】
『この仕事の面白さを確認する事ができ、より興味が沸き、この仕事に就きたいと強く思うようになりました』

【就活に時間がかかってしまっていたと理由の場合】
『これからのキャリアのために後悔のしない就職をしたく慎重に就活を進めていました。そのため。就職したい企業を見つけるまでに時間がかかってしまいました。』

【海外に行っていましたという理由の場合】
『文化が違う異国に行ったことで物事に対する考え方や価値観が変わり、再度、自分を見つめ直す事ができました。』

このような理由を用意できれば企業にマイナスの印象は持たれない事でしょう。むしろ、プラスの印象を与えらる事もあるのでこのような考え方で空白時間の理由を用意してほしいと思います。

就職支援サービスに相談してみるのもあり!

現在、ニートの就職をサポートしてくれる就職支援サービスが数多く誕生しています。

就職支援サービスには就職をサポートしてくれる就職アドバイザーがいて、就職に関する悩み事にも相談に乗ってくれるんですね。

ここでご紹介している職歴にブランクがある、空白時間がある、という相談にも親切丁寧に応えてくれるのでしっかりアドバイスをもらう事ができます。

就職アドバイザーは就職サポートのプロです。これまでの経験で培ってきた実績をもとに答えを出してくれるので的確な答えを聞き出す事ができますよ。

実際に就職支援サービスを利用して就活を行なっているニートは多く、そのほとんどが就職を成功させる事ができているので就職支援サービスはニート就職の頼もしい味方になってくれます。

ニートの就職サポートに対応している就職支援サービスはこちら!

空白時間(ブランク)が長ければ長いほど就職は不利になる!

仕事に対する意欲、積極的な姿勢をしっかりアピールする!

職歴に空白時間(ブランク)がある場合、その期間はなにもしていなかったと判断されマイナスの評価なってしまいます。

就職活動中に要した数か月ならまだ大丈夫ですが、1年、2年、3年と空白時間がある人は就職が不利になってしまう恐れがあります。

上記でもご紹介してきたように空白時間があった理由をうまく説明して、企業が納得してくれればいいですが空白時間があまりにも長いとそうはいきません。

空白時間が長いと企業はこのようなイメージをあなたに抱きます。

・働く気はあるのか?
・採用して本当に大丈夫なのか?
・なにかしらの問題を抱えているのではないか?
・すぐに辞められないか不安・・・

このような不安を抱いてしまうんですね。どれもマイナスなものばかりです。

同じ求人にエントリーしている人の中には経験者や優秀な人材もたくさんいて、他のエントリー者と比較してもやはり、空白時間が長い人は不利になってしまいます。

この不利な状況をカバーするためにも上記でご紹介した空白時間の理由が大切になりますし、他にも仕事に対する意欲をアピールしていくことが重要になるんですね。

履歴書や職務経歴をうまく活用して仕事に対する意欲、積極的な姿勢をしっかりアピールしていきましょう。

また、もしこれまでの社会人経験の中で活かす事ができるスキルや経験がある場合は積極的にアピールしていきましょう。

ひとつでも多くのプラスの印象を与える事で職歴の空白時間をカバーする事ができる可能性は十分にありますのでアピールできる事はしっかりアピールして採用を勝ち取ってほしいと思います。

空白時間(ブランク)は関係ない!ニートからでも就職しやすいお仕事

ニート歴が長い、職歴に長い空白時間がある、という方にはニートからでも就職しやすいお仕事に就職する事も選択肢のひとつに入れてほしいと思います。

ニートからでも就職しやすいお仕事は以下のお仕事。

・営業職
・サービス業(飲食店、アパレル、接客など)
・介護職
・IT業界・WEB業界

この4つのお仕事は、これまでのキャリアよりもポテンシャル(人柄、可能性、将来性、適性など)や仕事への意欲が重視されるお仕事です。

たとえ、ニート歴が長くても、空白時間が長くても企業が求める人物像に当てはまれば採用をもらえる可能性は十分にあります。

求人を見てもこの4つのお仕事の求人は豊富に見つける事ができます。未経験者を歓迎している求人、経歴不問の求人も多く見つける事ができるのでこうしたお仕事の求人を中心に探してほしいと思います。

ニート歴が長い人の仕事探し

ニート就職 お役立ちコンテンツ

ニートが就職を決めるには様々な事がポイントになります。この就職ポイントをしっかり押さえながら就活を行なえば就職成功の確率もアップするので就職ポイントを押さえたうえで就活をスタートさせましょう。ここではニートに押さえてもらいたい就職ポイントをご紹介しています。
現在、様々な就職サイトが誕生していて、就職支援サイトを利用して就職を決めている人は多くいます。ニートの方でも就職支援サイトを利用することで有利に就職を決める事ができるので是非、就職支援サイトを利用して有利に就職を決めてほしいと思います。ここでは、ニート就職におすすめの就職支援サイトをピックアップしてご紹介したいと思います。
ニート生活が長くなればなるほど就職する事は難しくなります。そのためニートから脱出するのは早ければ早い方がいいです。1日でも早くニートから脱出して社会人になるためにも気持ちのスイッチを切り替えて就職する事が大切。ここではニートから脱出したいと望んでいる方へ、ニートからの脱出方法をご紹介しています。
既卒ニートから就職を目指している方へ。今では既卒者を歓迎している正社員求人も増えているので有利に就職を決める事ができます。また、ニートの就職を支援している就職支援サイトもあるので就職できやすい環境は整っていると言えるでしょう。積極的に就活を行なって有利に就職を決めてほしいと思います。
現在、ニートから就職を目指している方の中には社会人経験がないという方もいると思います。社会人経験がないニートからでも就職する事は可能なのでしょうか?ここでは社会人経験なしから正社員就職を目指しているニートさんへ、就職のポイントやおすすめの就職支援サイトをご紹介しています。